スポンサードリンク
スポンサードリンク

住宅ローン計算シュミレーション

住宅ローン計算シュミレーションは、三井住友銀行やイー・ローン、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行などさまざまな銀行のホームページで計算することができます。
住宅ローンの計算は、何年ローンにするのか、またいくら借りるのか、毎月いくらを返済していくのかによって条件が異なります。毎月の返済額やボーナスがあった月の返済額を住宅ローン計算シュミレーションを利用してゆとりのある返済計画をイメージすることができます。また、住宅ローン計算シュミレーションを利用することで一体いくらまでのマンションや住宅を購入できるのかなどの目安にもなります。

 住宅ローン・こうすればラクになる

最も適切なプランやタイプを選択

住宅ローンの計算は、インターネットを利用すると簡単に金額を調べることができるようになります。住宅ローンの計算方法には、借入可能額の試算をする方法や、返済額の試算をする方法などさまざまな方法があります。
この住宅ローン計算シュミレーションをする前に、住宅ローンのプランをある程度考えておく必要があります。このプランは、返済タイプや金利のタイプなどがあります。一口に住宅ローンと言っても、さまざまな住宅ローンのタイプがあるのです。その特徴をしっかり把握して自分に最も適切なプランやタイプを選択しなければなりません。
住宅ローンに関する返済試算はどれも無料で行うことができます。無料で住宅ローン計算ができると、詳しいプランを立てる前にも気軽に計算することができますね。

金利を計算することはとても重要

住宅ローンと金利の関係もとても重要です。この金利を計算することができる住宅ローン計算シュミレーションもあります。
支払い総額を決定する上でローンの金利はとても重要な要素となっています。この金利は、ローンを組む金融機関によって異なります。長期借入をする場合はたった0.1%の金利の違いが長い目で見ると数十万円もの利息の差が出てきます。
たとえば、3000万円の借入金で35年のローンを組んだとします。
金利が3.0%だった場合の利息はおよそ1849万円となり、金利が2.9%だった場合はおよそ1779万円となるのです。ここで生じる利息の差はたった0.1%でおよそ70万円ともなるのです。この70万円とても大きいと思いませんか?住宅ローンを組むときは金利もよく確認する必要があります。
CatchUpでは、住宅ローンの計算だけではなく、住宅ローンの控除や相続税、住宅資金贈与などの税金を計算したり、不動産投資利回りなどの投資について考えたり、現在返済中のローンを借り換えた場合の毎月の返済額や年間の返済額、総返済額がいくら減らせるのかも確認することができます。
また、現在返済中のローンを繰上返済した場合の返済額や総額が試算することができるようになっているので、住宅ローン計算だけではなく、いろんな計算をしたいと思っている方はぜひこのウェブサイトを利用してみてくださいね。

住宅ローンの計算